昨日につづいての記載だが、今回はAG(オーソライズドジェネリック)医薬品のある商品がいくつかある。

     成分名社名ブランド医薬品ブランド品社名発売月
    セレコキシブファイザーセレコックスファイザー2020年6月
    メマンチン第一三共エスファメマリー第一三共2020年6月
    レボセチリジン武田テバファーマザイザルGSK2020年6月
    デュタステリド武田テバファーマアボルブGSK2020年6月
    ピオグリタゾン武田テバファーマアクトス武田テバ薬品2020年6月
    エゼチミブ第一三共エスファゼチーアMSD2020年6月

    今回の製品はAGが多いのでその選択になると思う。薬剤師とって変更することが非常に説明しやすいからである。しかし、仕入れを考えると比較的に他のジェネリックと比べて値段が高いことがネックであるが、それぞれの薬局や会社の方針、店長の権限、病院などの指示などがあって選ぶことが多いのではなかろうか?AG以外に1つ商品をしらべていて品質に関しての観点で工夫をされているメーカーがある。

    それは明治である。つい先日原料の問題があった、FADやアデホスは今市場では品薄になっている。しかし明治の製品は原薬のダブルソース化をしっかりされているメーカーです。製造中間体が同じ原薬をダブルソースとして選ばないようにしているようです。それにより1つが問題が起きてももう一つの中間体が使えるからとちゃんと市場までも考えている企業です。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    楽天SPU
    楽天SPU